So-net無料ブログ作成

通勤カバン(NIXON SMITH) [日常]

私は今片道1時間半かけて通勤しています。このうち1時間10分は始発から座っていけるため、本を読んだりタブレットで情報収集したりするための貴重な時間になっています。より充実した時間とすべく、通勤カバンの中身はどんどん多くなっていき、その分どんどん重くなってきました。これまではTUMIのアルファを使っていたのですが、TUMIの場合カバン自体がかなり重いため最近この重さのせいかもともとひどかった肩こりがさらに悪化してきてしまいました。そこで、いろいろ考えたのですが、ある人が「思い切ってリュックにしちゃえば?」と勧めてくれたことをきっかけにして検討した結果NIXONのSMITHの黒を選び使っています。定期を出すのが億劫なのですが、やはりリュックにすると今までと同じ量の荷物を運んでいるとは思えないくらい快適になります。会社には外出用のカバンを別に用意しておけば問題ないため、今ではすっかりリュック通勤者になっています。肩こりがひどい方は検討してはいかがでしょうか。

NIXON(ニクソン) BACKPACK: SMITH II/ BLACK/LIME

NIXON(ニクソン) BACKPACK: SMITH II/ BLACK/LIME

  • 出版社/メーカー: NIXON(ニクソン)
  • メディア: ウェア&シューズ


最近のカバンの中身は以下のようなもの…

Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 32GB

Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 32GB

  • 出版社/メーカー: ASUSTek
  • メディア: エレクトロニクス


カバーはこれ。かなり持ちやすくなり重宝してます。



はまって読んでいるのはこの本。最近は会社法に集中して取り組んでます。一応来年の予備試験を目標にしています。

司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集 考える肢 (5) 民事系・商法 2013年

司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集 考える肢 (5) 民事系・商法 2013年

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 早稲田経営出版
  • 発売日: 2012/09/20
  • メディア: 単行本


折り畳み傘は、これまでユニクロのものを使ってきて生地も構造もカバーもよく1000円以内というリーズナブルさで気に入っていたのですが、長年使って壊れてきたため買いなおそうとしたところもう販売を停止していました。同じようなものがないかいろいろ探し回っていましたが、1000円以内となるとなかなか同レベルのものが見つからず困っていたところ、セブンイレブンで販売している折り畳み傘がこれを上回る素晴らしさだとある方から聞き、さっそく購入して使っています。ワンタッチで開閉できる点はユニクロの折り畳み傘にはなかった性能で、頑丈にできており、かなり気に入っています。この時期入用かと思いますので、ぜひセブンイレブンを見てみてください。さいたま市のはずれのセブンイレブンにもありましたので、どこの店舗でもあると思います。
http://www.sej.co.jp/products/7lifestyle_01.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ipod touch + ポケットwi-fi [日常]

会計課に異動になったことで、最近いまいち気分が優れない状態にありました。妻が来月出産を控えておりずっと入退院を繰り返していることもあり、何か気分を変えることができるものはないかと考えていました。
私の場合、気分転換に使っているのが、「髪を切ること」と「新しいモノを買うこと」なのですが、今回は「新しいモノ」を買うことを選びました。予算は(月の小遣いと同じ…)5万円。
思いついたのが、「モバイル環境を整える」ということでした。私のパソコンは「レッツノートCFーR6」というモデルで、小さくて出張などには持ち運んでいたのですが、少々重さが気になることから、毎日鞄に入れて出社という感じではありません。そこで、最近出たばかりの「ipod touch」を買おう!と考え、あわせて「ポケットwi-fi」というのも買って試してみたい!と感じ、いつもの新宿ヨドバシへ行ってみたところ、「ipod touchは予約のみで、今予約しても入荷は未定」とのことでした。そこで、その足で新宿のビック、池袋のヤマダ総本店、ビックと回ってみたのですが、どこも同じ状況。どうしもあきらめきれず、直営店ならあるはず!と考え、次の日に銀座の直営店に行ってみたところ、状況は変わらず。買いたいという気持ちが変わる前に入手したかったため、ネットで必死に情報を探してみたところ、「アップルのサイトで買うのが一番早い」という情報に行きつき、まさに灯台もと暗しと感じつつ、アップルの公式サイトから予約し、たったの中4日で入手することができました。
次にポケットwi-fiを入手すべく、近所のジョーシンに行ってみたところ、パソコンが8万円引きになる方法があるという甘い誘いが店員から。新宿のヨドバシでもイーモバイル2年固定にすると3万円引きというキャンペーンをやっていたのですが、8万円引きはないだろうと感じ、説明してもらったところ、こういう仕組みでした。
①イーモバイルを申し込むとジョーシンでは特別キャンペーンでパソコン4万円引きにします。
②あわせて、docomoのwi-fiを申し込むと同じくパソコン4万円引きにします。
③一般的にはこういう合わせ技はないのですが、今回はOKにしています。
④実際にはイーモバイルだけを使って5800円を2年間支払い、docomoは使わず基本料金の1000円を2年間払ってもらうことになります。そうなると、月々6800円/(2年間)程の支払いになりますが、3年目からはイーモバイルが4200円になります。docomoは2年経過時点で解約してください。
といったものでした。
要はパソコンの分割払いなのですが、金利もつきませんし、割引率もふつうに買うよりさらに数万円安くなる計算でしたので、思い切ってこの仕組みにのってみることにし、少々現金を上乗せし、会社でも使っていて慣れている東芝ダイナブックの最新版を買うことにしました。
外ではipod touchとwi-fiで快適になり、家では最新のパソコンで非常にサクサク仕事も勉強もできるようになり、少しだけ気分がよくなりました。
明日は周辺機器のことについて書いてみます。まだまだ買い物しました…。妻には今のところ内緒。

<Sponsored link>


===============
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

Acoustic LIFE (J-WAVE) [日常]

今日の夕方のJ-WAVEで放送していた『Acoustic LIFE』という番組は、MC、音楽、構成、CMに至るまですべてが心地よく最高でした。私は今日この番組を車の中で一人でずっと聴いていたのですが、絶妙な構成の中でかかった「なごり雪」のカバーでは思わずこみ上げてしまいました。こういう番組を作れる人って本当に尊敬します…。

【 番組サイト 】
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20100719_sp/

【 なごり雪のカバー 】
「秦 基博+元ちとせ」によるもの。養命酒製造「ハーブの恵み」TVCMソング。
http://www.yomeishu.co.jp/megumi/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

最近気に入っている考え方 [日常]

「独立した立場で、専門的な仕事をしたい」という気持ちは、新卒で入社した会社をやめて法曹を目指して勉強していた頃も、法務部員として企業に属している今も変わりません。ただ、毎日同じ会社に通って仕事をしていると、「今の自分は本当にこうした立場で仕事ができているのか?」という疑問を感じることがないとはいえません。そんなときにはいつも思い出すフレーズがあります。少々長いですが、引用してみます。
『「雇い主は自分自身」
たとえ勤め人であっても、勤め人ではなく「雇い主は自分だ」と思い続けましょう。
心は自分のものです。平社員でも、主任でも、係長でも、課長でも(最近なら、アソシエートでもシニアアソシエートでも、マネージャーでも)、自分が雇い主であると思い続けるべきです。どんな仕事でも誰かからお金をもらいます。勤め人であるということはたまたま、お客さん(勤め先)が一つしかなくてそのお客さん専属で働いているというだけのことなのです。
勤め人であっても、自分が雇い主であって、今はまだ十分に稼げないから会社にお世話になっているだけだと考えるべきです。会社はあなたを見所がある奴だから貢献してくれるだろうと思って、働いた分に対して給料を払ってくれているのです。』
これは「年収2000万円の仕事術(柴田英寿)」にあったフレーズです(この本の表題はなんとも言えないのですが、偶然手にとって読んだ後は、この著者のファンになりました。日立に勤務しながら、様々なな社外活動を行っている方です)。
「雇い主は自分だ」という考え方は、「42歳からのルール(田中和彦)」にもありました。そこでは、
『会社に勤めている人も、たとえば、「自分はこの会社に毎日出社してきているが、フリーエージェントという立場でたまたま働いているにすぎない。そして、その契約期限を決めるのは、他の誰でもなく、この私だ」と自分自身に言い聞かせてみたら、どうだろう。「自分で何もかも決めよう」「すべての責任を引き受けよう」「他人任せの生き方をやめよう」など、意識と行動に変化が起きるかもしれない。これこそが、社長頭で自分をマネジメントすることだ。』
と書かれていました。
どこで仕事をしていても、こうした考え方で毎日を過ごしていれば、「独立した立場で、専門的な仕事をしたい」という気持ちを貫くことができます。
日曜日にはたまにこうしたことを考えてしまいます(笑)。

年収2000万の仕事術―高収入の秘密、すべて教えます

年収2000万の仕事術―高収入の秘密、すべて教えます

  • 作者: 柴田 英寿
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本



あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール (アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール (アスカビジネス)

  • 作者: 田中 和彦
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2010/01/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

今日やったこと [日常]

ある友人から「『法務部員がやっていること』っていうブログなのに、日々やったことについて触れるような記事はあまりないんだね」という指摘を受けました。そこで、たまにはその日にやったことなどについて振り返るような記事を書いてみたいと思います。今日はその1回目。
【 6:00 起床 】
この5年間はずっとこの時間に起床。届いている日経新聞を読みながらパンをかじる。昔からそうだが、一番楽しく読んでいるのは、書籍の広告だったりする。
【 7:00 電車に乗車 】
会社までの1時間強はすべて読書にあてる。この生活を続けて6年目。始発で座っていける場所にマンションを買ったのも、できる限り落ち着いて読書できるようにするため。今読んでいるのは「条文を捉える」の2巻目。実用新案権の復習。今月中に特許権、実用新案権の復習を終える予定。本当は、本田直之さんの新刊を読みたいのだが、キリがいいところまでは「条文を捉える」に集中。
【 8:30 会社に到着 】
カゼで休んでいる人が多く、やや閑散としたオフィスに到着。すぐにパソコンを立ち上げ、メールをチェック。先週契約審査をした共同研究契約書の相手方からのフィードバックがあったとの営業からのメール。自分がつけた審査意見のほとんどが受け入れられたという内容だった。こんなにうまくいくケースは(特に共同研究契約書では)多くないためやや意外な印象を受けるもホッとした。
午前中は、取引基本契約書1件、契約解除1件、秘密保持契約1件の契約審査をかたずける。印紙代の問い合わせや、法務部の契約審査の要否の問い合わせ、契約書サンプル作成依頼などの電話が入り、集中力が切れそうになるが、必死に対応。最近は午前中に契約審査。午後は営業の相談対応と問題解決系業務にあてることが多い。
【 12:00 昼休み 】
前にいた会社では、昼休みを11時30分からと12時30分からに分け、オフィスに誰もいない状況がないようにしていたが、今の会社は12時から一斉に昼休みとなる。最近は近所にあるローソンでサンドイッチを買い、自分の席で簡単に食事を済ませ、残った時間を読書にあてることが多い。最近読んでいるのは独占禁止法関連本。来週ある独占禁止法改正に関する勉強会の準備。この法律は知れば知るほと面白い。
【 13:00~15:00 】
ある新規事業のワーキンググループのメンバーになっており、その会議に参加。
【 16:00 営業からの相談対応 】
前職がリースの営業マンであったことから、リースに関連する質問も多く持ち込まれる。リース会社にいたときには思いつかなかったような新しい視点からの相談もあり興味深い。今相談を受けているのは会計基準の変更による影響を受けないリースを絡めたスキーム。ただ、このスキームは自社がイニシアチブをとれない内容にもなりかねず、慎重に対応。
【 17:00 明日のタスクリスト作成 】
今日は定時で帰宅予定であっため、早めに明日のタスクリストを作成。これを作成しているかいないかで明日の朝のスタートダッシュが変わってくる。
【 17:30 会社を出る 】
いつものブックファーストにちょっとだけ寄って帰宅。
【 19:00 帰宅 】
食事後、明日が提出期限の年末調整関係書面を書く。何回書いても慣れない。特許法のまとめをデータ化している途中でやや飽きてきたため、この記事を書き込み。

パーソナル・マーケティング

パーソナル・マーケティング

  • 作者: 本田 直之
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




競争に勝つための新独禁法入門

競争に勝つための新独禁法入門

  • 作者: 菊地 伸
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。