So-net無料ブログ作成

「ディスカバリ」(守本 正宏) [法務]

今のところ契約審査が落ち着いていることもあり規程関係の見直しに入っています。米国子会社が軌道に乗りつつあることもあることから米国訴訟を念頭においた、いわゆる「ディスカバリ」に対応した文書管理規程の必要性について検討する必要が出てきました。これまで国内中心の企業にいた関係でディスカバリについては何ら学んだことがなかったため、基本的なところから抑えておこうと考え、手にとったのが「ディスカバリ」(守本正宏著)です。UBIC社の社長である守本氏がディスカバリの「恐さ」と「しかるべき対策」についてわかりやすく解説したもので、ディスカバリの理論だけでなく「実態」が把握できる内容になっています。UBIC社の宣伝もかなり含まれており、その点が不満という書評もあるようですが、当方はそれも含めて一つの情報として参考になる内容でした。規程のサンプルなどが載っていればよりよかったのですが、この本を読んでディスカバリ対応の文書管理規程の重要性について理解できたことは収穫でした。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。