So-net無料ブログ作成

26年弁理士短答式試験など [法務]

5月25日(日)に弁理士試験短答式を受験してきました。この6か月間本気で合格すべく朝4時起きで頑張ってきましたが、結局合格点には届かず残念な結果に・・・。これより前に受験した知的財産管理技能検定2級(こちらは合格)とは異なり、弁理士試験では条文にどう書いてあるかを正確に覚えていなければ到底太刀打ちできないことを痛感しました。自分の知識のあいまいさを本番で知るという何とも悲惨な状況ではありましたが、今年本気で勉強し本試験を受験したことで来年の合格のために必要なことがわかったように思いますので、気持ちを入れ替えてまた勉強を始めています。
ところで、「文系なのに弁理士試験に受かってどうするの?」「合格後のビジョンみたいのってあるの?」といった質問を受けることがあります。私の場合、弁理士として独立したいといったことではなく、来年以降おそらく法務と知財の両方をマネジメントする立場になる可能性が高いため、知財のマネジメントに必要な最低限の知識を身につけておきたいという思いから始めたことではあるのですが、それに加えて将来的には法務教育ビジネスの構築を試みたいと考えており、弁理士試験合格の経歴はそのビジネスに役立つであろうと感じていることも弁理士試験を受験する大きなモチベーションになっています。
しかし、今年の結果は本当に悔しかった・・・来年は絶対に合格するぞ!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。